肌・髪タイプ別おすすめケア

肌・髪タイプ別おすすめケア

How to Care - Skin & Hair

乾燥肌/エイジング肌

気温が低く、乾燥している季節。冬の乾燥からしっかりお肌を守りましょう。

1日の終わりのフェイシャルケア

次の日の朝、ふっくらみずみずしい肌で迎えましょう。

  1. 石けんを良く泡立てて、泡で包み込むように洗顔します。
  2. 化粧水を、優しくパッティングしながらたっぷり肌にしみこませます。
    湯船で化粧水パックをしても効果的。
  3. 美容オイルを2,3滴手に取って、肌の奥へ浸透させます。
    週に1度は美容オイルで、肌を労わりながらフェイシャルマッサージをしましょう。
  4. 最後に小指の先ほどのクリームを肌になじませます。

しっとり肌を取り戻すスペシャルケア

お風呂上がりのボディケア

  1. 石けんを良く泡立てて、身体を洗います。
  2. お風呂上がりの水分をたっぷり含んだ身体にオイルをマッサージしながらぬります。オイルを塗ることで湯冷めもしにくくなるそうです。

脂性肌

さっぱりとキメ細かい肌に!

  1. 泡立ちの良いココナッツオイル高配合の石けんがおすすめ。
  2. 引締め効果のある化粧水で肌をさっぱり。

アトピー肌/トラブル肌

肌に刺激を与えないで、清潔に、バリア機能を整えるケア

  1. 石けんを良く泡立てて、泡で包み込むように刺激を与えず洗い上げます。ときには肌の常在菌の育成やバリア機能を守るために石けんなしでぬるま湯だけで洗ってみるのも。
  2. 抗菌、引締め効果のある化粧水で毛穴をケア。
  3. 保湿、保護もしっかり。

赤ちゃんの肌ケア

肌質の個性はそれぞれ違うので、どういうケアをしたら肌が良い状態になるのか良く観察を。MOONSOAPの製品は低刺激なものをおすすめしています。

小さいころからバリア機能を破壊しないケアを

  1. 石けんを使わなくても、ぬるま湯で日々清浄するだけで十分な場合もあります。
  2. 口に入ってもだいじょうぶな成分で保湿・保護ケア。
  3. また脂漏性湿疹にはマザーデライトなどオイルを塗り込んであげて、バリア機能をサポートし、ぬるま湯で優しく洗い、自然に治るのを待ちます。

紫外線ケア

メラニン色素も紫外線から肌を守ってくれる役割を持っています。良い食事と肌のケアを続けることで、肌の新陳代謝をスムーズに保ち、美しい肌が生まれ続けます。

植物オイルの日焼け止め効果について

ホホバ種子油、マカダミアナッツ油、ココナッツ油、セサミ油、コメヌカ油などのオイルは、UVBとUVAの一部の透過を防ぎます。またUVAのほとんどは通してしまうのですがオイルに含まれる抗酸化物質は紫外線によって発生するフリーラジカルを抑制します。そのため、日頃から肌をオイルでケアしてあげることはとても大切です。

UVBの働き
肌の防御機能としてメラニンを発生させる
肌表面に日焼けやヒリヒリした状態を起こす
小じわの原因になる。
窓ガラスで吸収される。屋外で浴びる「レジャー紫外線」
UVBの働き
メラニンを褐色に酸化させ、シミの原因になる
真皮まで浸透し、弾力性を保つ繊維質を傷つけ、シワやタルミの原因になる
窓ガラスや雲も通す「生活紫外線」

ニキビ肌

毛穴の皮膚呼吸を保ちながら、上手に保湿・保護が大切です。

肌を柔らかく、清潔に

  1. 低刺激でも清潔にするのが得意な石けん
  2. 引締め効果のある化粧水で肌をさっぱり

ニキビや吹き出物のためのパックを近日発売予定です。

\5,000以上お買い上げで送料無料

ページトップへ