クインタプルミスト ローズ [QuintupleMist Rose]

価格: ¥3,000 (税抜 ¥2,778)
[ポイント還元 30ポイント~]
数量:

みずみずしい薔薇水の輝きを全身に

シュッとひとふきで肌や髪を整え、しっかり保湿。朝晩のスキンケアに使うと、水分をたっぷり含んだ潤い肌に。人に会う前や、落ち込んだとき、緊張しているときに、フレッシュなローズウォーターを浴びると心と身体が喜びます。

  • 芳醇な香りの保湿化粧水として
  • 朝のメイクの仕上げの水分補給にひとふき
  • 日中のお肌の水分補給に
  • 肌がつかれているときに
  • 朝のスタイリングに
  • リフレッシュ/ボディスプレーとして

使用方法

原料が混ざり合うように、良く振ってからお使いください。薔薇水の細かなクラスターが、角質内にいきわたり、肌が水分をふくんでふっくらします。朝のスタイリング時に、髪の毛にふきかけるとヘアをしっとりと落ち着かせ、頭皮をキュッと引き締めながら保湿します。

内容量 100ml
全成分 ダマスクバラ花水(無農薬栽培)、グリセリン(植物性)、アロエベラ液汁、ベントナイト、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、クエン酸

Made in Japan

クインタプルミスト ローズに配合されているハーブたち(イメージ)

毎年6月に花開く薔薇から抽出する薔薇水(薔薇の蒸留水)は土の状態やその年の気候によって、香りが異なります。薔薇の収穫量が少ない年は、生産・製造ができなくなることもある稀少なものです。そのため生産数が限られていますことをご了承ください。

ベントナイトクレイは水を含むと保湿・被覆力の高いジェル状になります

甘露水を使った一番搾りの薔薇水

薔薇が咲く初夏。5月から7月にかけて、摘み取った新鮮な薔薇をすぐに蒸留します。いったん蒸留を始めると薔薇の香りが工房のすみずみに満ちていきます。一回で製造する24リットルの中の、一番最初に抽出した4リットルは、もっとも香りが甘く、深い薔薇の一番搾り。角館の美しい自然の中で慈しまれて育ったダマスクローズの可憐さがみずみずしいピュアな薔薇水です。ローズ水を清浄に保つ、銅製のアランビック蒸留器を使います。10世紀当時の薔薇の主要生産地・アラビアでペルシャ人の医師が考案した、伝統的な薬草を蒸留する器具です。薔薇を蒸留する水は、地下水。甘露水と呼ばれる湧き水を生む真木渓谷を流れる、斉内川の伏流水です。自然による壮大な濾過装置が清らかな水を生み出しています。

時を経てさらに香る薔薇の蒸留水

アランビックを使って薔薇を蒸留すると、蒸気とともに香気成分が立ち昇ります。冷却してできる水溶性の香気成分が薔薇の蒸留水です。蒸留水は、細かいクラスター状の水分子に形を変えて、繊細な薔薇の成分を溶かしこんでいます。この香気成分は酸素分子を多く含み、可憐なみずみずしい香りをもたらします。新鮮な薔薇の蒸留水は青臭い香りです。ところが冷暗所で3年ほど熟成させると、香りが芳醇さを増します。青臭さが分解され、花の香りの成分だけが残るのです。薔薇の蒸留水は、時を経て、香りが洗練されていくのです。

薔薇の産地にて

雪深い秋田県。冬の積雪は数メートルに及ぶ角館市。美しい武家屋敷と桜、紅葉で有名な街です。中心部から車で十五分ほどのところに、150から200ほどの株がある薔薇園があります。日本ミツバチが巣をつくる大きな木や、蝶が舞う花畑のある広い野原の横に囲まれて、無農薬・無肥料で育てた薔薇、八重咲きのオールドローズ・ダマスクローズと、野生種のガリカローズが咲いています。芳香蒸留水にするのはダマスクローズです。冬の間は薔薇は雪の下。「冷たい風に吹きさらしになるよりも、雪で埋もれている方が温度の変化がなく温かいのです、雪の上にあった枝は枯れてしまうけど、埋もれている部分は春になると蕾がつくんですよ。ただ冬の間はほとんど雪かきが仕事ですよ。春に花を摘んでいるときが一番楽しいですね。」と薔薇園の方は語ります。

関連商品

ページトップへ