ヘンプチャコールソープ [Hemp Charcoal Soap]

価格: ¥1,870 (税抜 ¥1,700)
[ポイント還元 19ポイント~]
数量:

【ONLINE SHOP限定特典】ソープを5個ご購入でハーフサイズをプレゼント
5~9個ご注文 → ハーフサイズを 1個
10~14個ご注文 → ハーフサイズを 2個

以降5個ごとにハーフサイズを1個プレゼント

※ハーフサイズの石けんの種類は選べません

  • ハーフサイズの石けんの種類は選べません。
  • ショコラ ド ソープ、ヨギソープセット、メルティソープは対象外とさせていただきます。

美肌を育てるデトックスソープ

石けんに練りこんだ麻炭のグレーがかったモコモコ泡が、肌の毛穴のすみずみに行き渡り、表面の汚れはもちろん、皮脂や老廃物をやさしく取り除きます。オーガニックヘンプオイル(麻種子油)と、タイ北部・カレン族の村で生まれた麻炭を練り合わせて、常温でゆっくり熟成させました。

洗顔、メイク落とし、ソープシャンプーに。天然素材100%、合成化学成分不使用

  • トラブル肌、アトピー肌、エイジングが進む肌に
  • ニキビ・吹き出物があるときに
  • メイク落としに
  • 肌の乾燥が気になったり、敏感になっていたりするときに
  • キズやシワ、アザなどの損傷が気になるときに
  • 背中ニキビを解消したいときに
  • 頭皮の毛穴を清浄にしたいときに
  • 頭皮のディープクレンジングに 
標準重量 100g
全成分 米ぬか油、パーム油、ヤシ油(ココナッツ油)、アサ種子油、水、水酸化Na ローズマリー油、アトラスシーダー樹皮油、ローズマリーエキス、コメデンプン

Made in Japan

  • 手作りのため、大きさ形が微妙に異なります。
  • 「月のしずく」の模様がひとつひとつ違います。
  • 泡はまっしろではなく、ほんのりグレーがかった色です。
ヘンプチャコールソープに配合されているハーブたち(イメージ)

使い方

この石けんを手のひらで38度くらいのぬるま湯に浸しながらクルクルと手の平で転がしましょう。月光に満ちた草原で吹きわたる風のような香りがします。目を閉じて、十分に泡立てたこの石けんで顔を洗ってください。肌がすこやかに澄んでゆき、美しく整ってゆくのを感じられます。

ニキビケアの原理

この石けんはニキビや吹き出物のケアにもおすすめです。

ニキビケアにはデトックス機能が必要不可欠。なぜなら、ニキビの原因は毛穴に老廃物が溜まり、新陳代謝が滞るからです。溜まった老廃物はアクネ菌の好物なのです。アクネ菌が老廃物を食べると肌が炎症を起こし、ニキビとなります。このソープのデトックス効果は、毛穴の老廃物をきれいにして、ニキビの原因を除きます。

また、ニキビを悪化させないためには健やかな肌機能が大切です。日焼けや肌荒れをするとニキビが悪化するのは、肌が身体を守るために、外界からの強い刺激があると肌の角質層が厚くなるからです。

肌の角質が厚くなると、毛穴に老廃物や皮脂がたまりやすくなり、ニキビができやすくなります。

この石けんは届きにくい、毛穴の奥を刺激を与えずにマイルドに洗い上げるので、健やかな肌機能作りをサポートします。

良質な麻炭で落とすデトックス

カレンの村で作られる麻炭

古来、麻は浄化力があることで知られています。その麻の茎を炭にして粉砕し、石けんに練りこんで麻の浄化力を肌に向けました。そもそもこの麻は、タイ北部のカレン族の村で育て、刈り取り、干して、炭にしたもの。良質な麻炭は肌の表面や毛穴だけではなく、より微細な汚れも祓います。

この石けんを使った後に感じる爽快感は、表面の汚れだけではなく、深奥に凝った気を祓っているようです。おそらく、すこぶる気持ちのよい環境でつくられた麻だからでしょう。

頭皮をディープクレンジング

他の石けんと同じように、髪の毛を洗うこともできます。毛穴の深奥にまで届いて清浄しますので、しっかり頭皮エステをしたいときにぜひお使いください。泡立ちも抜群です。ぬるま湯で髪の毛をたっぷり濡らし、石けんを頭のうえで、良く泡立て、指の腹で頭皮を優しくマッサージしながら、洗い上げます。この頭皮のディープクレンジングのすっきり感は、やみつきになるかもしれません。

美肌育ての仕組みと必須脂肪酸

この石けんは汚れを落とすばかりではなく、美肌育ての仕組みを併せ持っています。その仕組みは、麻種子と米ぬか、それぞれを圧搾したオイルに含まれる栄養素です。

肌を若く、美しく保つには、ある特定の栄養素が必要です。ところが、肌が必要としているその栄養素を十分に身体は生成できません。美しくみずみずしい肌を保つには、肌に必要な栄養素(必須脂肪酸など)をどうしても補わなければならないのです。そこでスキンケアが必要になります。

この石けんは、必須脂肪酸を豊富に含んだ2つのオイル、麻種子オイルと米ぬかオイルがギュッと詰まっています。

麻種子オイルは、αリノレン酸、γリノレン酸という美肌に多大な貢献をする必須脂肪酸が多い稀有なオイルです。αリノレン酸は、年を重ねると失われてしまう一方のコラーゲンの生成を促し、荒れや傷、赤みなど肌のトラブルを解消します。解消するだけではなく、ちょっとやそっとのトラブルにはびくともしない丈夫さを肌に授けるのです。またγリノレン酸は、水分をつかむ力が衰えてしまった肌を元気づけ、うるおいを保つ力を肌に授けます。

次に米ぬかオイルは、肌の脂肪酸組成の20%までも占めるオレイン酸を42%も含んでいます。この石けんの泡立ちが、肌によくなじみ、乾燥気味の肌にうるおいをもたらすのは、このオイルの貢献が大きいでしょう。

麻炭を生むカレン族のこと

この石けんに含まれている麻炭は、タイ北部・カレン族の村のものです。カレン族の人々は、麻を育て、麻を刈り、麻を干した後、炭にしたり衣服にしたり紐にしたり牛の飼料にしたりと、麻を暮らしに用い、豊かに暮らしています。
彼らは今でも自給自足に近い暮らしをしています。日が昇るとともに起床し、日が落ちるともに眠りに入る日々を送り、高床式の住居で暮らし、近隣の山に生えている薬草を熟知し、豚や鶏や犬や猫などの動物と暮らしているのです。村の中では子どもたちは、たとえば壊れた自転車を乗り回したり、動物の赤ちゃんを散歩したり、わんぱくに遊びますが、村の人はみなとても近い関係なので自由に動き回っているようにみえます。

手作業でつくる麻炭

数ヶ月で数メートル伸びる麻の茎を刈り取り、干した麻を炭にしているのですが、麻を炭にするまでに大変な作業と時間をかけています。

彼らの手製の炭の窯で干した麻を炭にするのに3時間焼き、窯を密閉して半日。その後、天日干しをして2日間ほど乾かします。ずっと晴れていればよいのですが、雨が降ったら屋内にしまわなければなりません。

そして、真っ黒になりながら、炭を少しずつミルで微粒子の粉にしていくので、かなり時間と手間がかかります。

こうして、気が遠くなるような日にちと手をかけてできた麻炭の粉が練りこまれています。

月光の雫と月夜の香り

ひとつひとつ模様が違います

ひとつひとつ模様が違います

月の雫をイメージして、箸で模様を描いていきます。カットするまでどんな模様になっているかわからず、模様はひとつひとつ違います。雫の部分は麻オイルの萌木色です。ちなみに黒い部分にも麻種子オイルが入っています。その石けんから立ち昇るのは、レモンマートル、シダーアトラス樹皮、セージ、ローズマリーの植物エッセンス。月光に満ちた草原に吹きわたる風のような香りです。

鎮静効果をもたらしながら、レモンのような明るい香りを届けます。さわやかでありながらどこか甘さを帯びたレモンマートル、深い森に漂う風を思わせるシダーアトラス樹皮、はっきりと草木(そうもく)の存在を知らせるセージ、鮮明な薬草の香りで覚醒をもたらすローズマリー。薬草の効能を押さえながら、バスルームで広がる香りの拡がりを考慮したブレンドです。泡立ちとともに香りを味わうと、バスルームに入る前の喧騒は音もなく過ぎ去り、静かな心地が訪れることでしょう。

ページトップへ