ボタニカルカクテルキャンドル サングリア

価格: ¥1,944 (税抜 ¥1,800)
数量:

果実とスパイスの和気あいあいとしたキャンドル

カクテルから着想して天然精油と植物、大豆ワックスで作りました。
果実の甘みとスパイスの温かなアロマは、心身にエネルギーをもたらします。

赤ワインにオレンジや桃などの果実やシナモンなどのスパイスを加える、カクテル「サングリア」。古くから欧州で親しまれたカクテルをヒントに、アニス(八角丁子)のエネルギッシュな影と薔薇のつぼみの可能性の影をともに震わせながら、ローズマリー油、オレンジ油、シナモン油の「トリニティな関係」が醸す香りのキャンドルをつくりました。

全成分:ソイワックス(大豆由来)、ローズマリー油、オレンジ油、シナモン油、ローズの蕾、スターアニス、ローズマリーの葉、ベールフルーツ、バタフライピー花
サイズ:キャンドル本体 5×5×5㎝/ 箱 7×7×7cm
サングリア(左)とスプモーニ(右)

今に息吹をもたらす灯

サングリアは、赤ワインにオレンジやレモン、リンゴやパイナップル、バナナ、桃などの果実、またはオレンジジュースなどの果汁を加え、シナモンやナツメグなどのスパイスと、ハチミツや砂糖などの甘味を混ぜ、ブランデーやラム酒などで風味づけした飲み物です。紀元前200年頃にスペイン・アンダルシア地方で発祥したとされ、いまは世界中で愛されています。
きれいな水が入手しづらかった欧州では、水分の摂取にアルコールが求められました。赤ワインに漬けこんだ果実がたっぷり入ったサングリアは、ふだんの飲み物として、老いも若きも好んだのです。「血」というスペイン語の語源があるサングリアは、まさしく「血」となり、古来より人々の生命を養っています。
ヨーロッパの収穫の恵みを詰め込んだサングリアは、収穫祭にも必ずといっていいほど供されます。
ワインの名産地、スペイン・リオハでは12世紀から続く「聖マテオ祭」という収穫祭が9月21日前後にあり、やはりサングリアが出されます。ヨーロッパ大陸から離れたオーストラリアの農園でも、収穫を祝う時にはサングリア。大人の男性がやっと抱えられるくらいの樽に、果物と赤ワインを浸し、シナモンを入れてつくります。

『ボタニカルカクテルキャンドル』シリーズは、サングリアから始まりました。豊かな自然の恵みを受けた果実やハーブでつくるサングリアづくりは、MOONSOAPの化粧品づくりによく似ています。果実、ハーブ、スパイスの三つを合わせると、それぞれの個性を生かしながら調和する「トリニティ」な関係がふくよかな香りに。まさに食卓で灯すにふさわしい、団らんを照らすキャンドルです。薔薇のつぼみやスターアニス、ベールフルーツ、バタフライピーなどの植物を加えて、『ボタニカルカクテルキャンドル サングリア』ができ上がりました。
ベールフルーツは、創造と破壊を司るシバ神を崇拝する神聖な木。ここぞという集中力がほしい時にもどうぞ。

関連商品

ページトップへ