ヨギソープ ピッタ

価格: ¥906 (税抜 ¥839)
数量:

返品についての詳細はこちら

トラブル肌をやさしく鎮静化し、心を穏やかに

肩に力が入りすぎているとき『ヨギソープ ピッタ』で全身をマッサージするように洗うと、心身が落ちつき、穏やかな調和が生まれます。ペパーミントとイランイランの華やかで、さわやかな香りに、大地を思わせる香りのパチョリが安心感をもたらします。ターメリックパウダーがココナッツオイルとともに肌に浸透し、発疹やにきび肌を鎮静化。きめ細やかな泡立ちと泡切れの良さが、がんばりすぎの心身を和らげます。

洗顔、メイク落としに、石けんシャンプーに。天然素材100%、合成化学成分不使用。

  • ピッタ体質の方に
  • 身体のほてる夏に
  • 汗疹や湿疹、ニキビがあるときに
  • いらいらして眠れない夜に
  • がんばりすぎているときに
標準重量:100g 全成分:ココナッツ油、サンフラワー油、パーム油、水、水酸化Na、イランイラン油、パチョリ油、ペパーミント油、ターメリックパウダー、ローズマリーエキス
made in Thailand

YOGI SOAP ヨギソープ

五千年以上の歴史があるインドの伝承医学体系『アーユルヴェーダ』における調和を大切にした生き方を『ヨガ』と言い、ヨガを実践する人はヨギといわれます。アーユルヴェーダでは、心身の調和をとるために日々のオイルマッサージをすすめます。MOONSOAPの石けんは、新鮮なオイルのかたまりです。良質な植物オイルで作られた石けんの泡で身体をマッサージしながら洗って、肌へゆっくりと浸透させていくことは、気軽にできるオイルマッサージともいえます。

3種類のヨギソープの選び方

ヴァ―タ、ピッタ、カパの各石けんは、それぞれの性質を鎮める効果があります。すべての人が3つの要素を持っていますが、どれかが増えすぎると、身体や心の不調につながると考えられています。子どもの頃を思い出して、あてはまる項目が多いものが生まれ持った性質です。

ヨギソープ

たとえばピッタにあてはまる項目が多い場合は、ヨギソープ『ピッタ』を使います。また、季節や状態に合わせて、お使いいただくこともできます。

ヨギソープ
アーユルヴェーダでは、何種類ものハーブを組み合わせて心身のバランスをとります。

ピッタの調和をとる石けん

ピッタは、熱、鋭さを持ち、知的でリーダーシップに優れる火と水の性質があります。ピッタが増えすぎると、身体の中に熱がたまり、精神的には攻撃的で気難しくなります。いらいらしたり、がんばり過ぎたり、怒りっぽくなっていたら、ピッタが増えすぎているかもしれません。そういう時は、ピッタの調和をはかりましょう。料理や作曲、執筆などの創造活動、仕事や学習の質の向上、物事を段取りよく進めること、スケジューリング、状況判断。ピッタが調和すると、創造性と集中、ひらめき、洞察が増します。

大切なココナッツオイル

ココナッツの木は空高く伸びます。太陽により近いところで、風にゆっさゆっさ揺らされながら育ったココナッツの実。タイではココナッツは生活に欠かせない大切なもの。赤ちゃんから大人まで、ココナッツミルクやジュースを食べたり、飲んだり、オイルは髪や身体をケアしたり、殻や木も日用道具として使われます。ココナッツオイルは熟成したココナッツの殻を割り、ココナッツフレークを搾りだしてココナッツミルクを抽出して、その上澄みをとるようにして生成されます。ビタミンEを多く含み、抗酸化作用が高く、紫外線から肌や髪を守ります。またアーユルヴェーダでは、身体を冷やし、ほてりや炎症を鎮めると言われ、ピッタの人はココナッツオイルでマッサージすることを進めます。

サムイ島のココナッツ製造工場

コールドプロセスの手作り石けん

MOONSOAPの石けんは、豊かな自然に囲まれたタイ北部の工房で作っています。現地のフレッシュなハーブをはじめ、世界中からセレクトした良質な植物オイルとハーブを手作業で大切に 『コールドプロセス』で仕込み、一カ月以上熟成させます。熟成後、石けんはひとつひとつ丁寧に梱包し、日本へ届けられます。 フレッシュな状態で皆様へお届けするために、必要な分だけを作ります。作り始めから日本へ届くまで、2か月以上かかるため、お待ちいただく場合がございます。

▶石けんができるまで

石けんを楽しむために

  • ご使用後はよく水を切って、穴の開いたソープディッシュなどに保管ください。
    保湿成分をたくさん含んだ石けんは、空気中の水分を吸収しやすく、濡れたままにすると溶け出す性質があります。
  • 石けんを小分けすると、より長くたのしめます。
    石けんの性質として、水道水のカルシウム、マグネシウムなどに触れると泡立ちにくくなります。使い始めの石けんは泡立ちが良く、小さくなってきた石けんの泡立ちが悪いのはそのためです。小さくなった石けんは、新しい石けんにぺったりつけると無駄なく使えます。
    ▶もっと詳しく
  • 直射日光や高温多湿を避け、涼しいところで保管ください。
    石けんに含まれる植物オイルや植物精油の新鮮さが保たれます。

参考文献:『アーユルヴェーダ美容健康法』(アンナ・セラピー著、執筆協力 イアン・ヘイワード、日本語版監修 上馬場和夫/産調出版)、『アーユルヴェーダの食事療法 至福の体質別レシピ』(マヤ・ティワリ著、上馬場和夫監訳、船越隆子・笠原知加子・西川眞智子訳/フレグランスジャーナル社)、『本当の自分を取りもどす アーユルヴェーダ あなたは誰?この世にまったく同じ人がいますか?』(ジュディス・H・モリスン著/産調出版)

関連商品

ページトップへ